唇 荒れ

唇の荒れが特に酷い冬の季節

私は非常に唇が荒れやすく、冬になると毎年下唇の真ん中がパックリ割れて血が出てしまい、口の中が血の味になります。

 

最初の方の対策としては、すぐに唇が荒れてしまうので、リップは色付きのものなどは避け、メンタームの薬用スティックなどの効きそうなリップを選んで、1時間に3回くらい使用していました。

 

私の場合は外気に触れているだけで唇の皮がめくれるほど荒れてしまうので、頻繁に保湿を行わなければ冬は越せないという状態でした。

 

最初のうちはメンタームの薬用リップでも十分な効果があったのですが、新しくバイトを始めてからは8時間9時間フロアで走りっぱなしという状態で、お客さんの前で頻繁にリップを塗ることも出来ないため普通の薬用リップでは全く効かなくなりました。
また、バイト中唇が乾燥し皮がめくれ始めるとその場しのぎのために何度も唇を舐めて潤わせていましたが、その行動がまたさらに唇の荒れを悪化させる原因となりました。

 

そこで、リップよりも潤いを長持ちさせる保湿クリームを探し、母がベイビーワセリンという商品を購入してきてくれました。

 

そしてその日から出勤前にワセリンを塗ってから行くようにすると、普通のリップでは30分程度しかこう型長続きしなかったにも関わらず、ワセリンは約2時間ぐらいは効果が続きました。

 

見た目はまるでグロスを塗ったようにテカテカしてしまうので、唇が光るのは嫌だという人にはあまりお勧めできませんが、保湿効果としては非常にオススメの対処法です。
ワセリンのおかげで今冬は未だ唇が割れたろ出血はしていません。
唇の荒れだけならワセリンである程度防げるのですが、次の問題はおしゃれの問題です。

 

私は現在大学生なので、今時の若い子らしく可愛くお化粧して着飾って街を歩きたいのですが、口紅を塗ってしまうと唇の皮がめくれてボロボロになってしまいます。
アイラインやシャドウなど唇以外はバッチリ化粧しているのに口紅だけが無いというそれだけで、少し味のない仕上がりになってしまいます。

 

そこで私がとった対策は、ワセリンを下地に塗って上から薄く口紅を塗る、もしくは乾燥しやすい口紅ではなく元からピンク色などのカラーがついているグロスを塗り、口紅のように見せかけるというような方法を行なっています。
普通に口紅を塗るよりもよっぽどダメージは少ないです。
また、私のように唇の荒れに悩む人なら気持ちを理解してくれると思うのですが、色付きのリップで口紅っぽくみせればいいじゃないかと良く友達にアドバイスをもらうのですが、色付きのリップですら唇が荒れてしまうのでやはり強烈な保湿効果のあるワセリンやグロスなどが必要です。

 

しかし、つい先日、そんな私でもあまり唇にダメージのない口紅を発見しました。
メイビリンのウォーターシャイニーという種類なのですが、他の口紅と比べると非常に潤いがあり、ワセリンと組み合わせて使うと、なんとこの私でも唇が荒れることはありませんでした。
少し費用はかかりますが、自分にあった口紅を何度も買い換えて探してみるのも有効な手段だと思います。

 

 

>>>荒れにくい口紅ってこれ?

関連ページ

初めて口紅のプレゼントをもらった時の話
初めて口紅のプレゼントをもらった時は、うれしいより不安な気持ちでいっぱいでした
恥ずかしかった経験でケアを怠らないよう毎日注意
唇の乾燥で恥ずかしかった経験でケアを怠らないよう毎日注意しようと思ったお話です。
口紅の塗り方について
口紅の塗り方についてのお話です